Loading...
2016.07.05.Tue

SUGIZO×佐藤慧 難民支援から学ぶ生きるとは?

国連UNHCR協会主催のトークイベント】

*のマークは下に補足があります。

今回のイベントは*難民支援をしている*国連UNHCR協会主催のトークイベント。日本を代表するロックバンドLUNASEAXJAPANのギター、ヴァイオリンを担当しているSUGIZO(スギゾー)さんと写真家でファインダー越しに真実を伝えている佐藤慧(さとうけい)さんの貴重な体験をシェアすることが出来た。

トーク全体の話や実際の行程、佐藤慧さんの話は別の機会に紹介させて頂くとして、この記事では一人の人間としてSUGIZOさんにフォーカスを当ててみる。

 

【SUGIZOさんはどんな方なのか?】

SUGIZOさんは今回の難民支援だけではなく他にもチャリティ活動を行っている。XJAPANとしてチャリティコンサートを東北大震災の被災地で行ってはいるとともに、それ以外にも、石巻を訪れ実際に泥かきを被災現場で行っている。

少し横道にそれるが、よくテレビで著名人が○○円被災地に寄付しましたとか報道されてネットの世界では売名行為だとか叩かれているのを目にすることがある。しかしこれには違和感がある。イベントの中でSUGIZOさんは「震災のことを知って、いてもたってもいられずまず泥をかくことだ」と直感的に思ったと話していた。これはSUGIZOさんが出したひとつの答えである。また著名人が先程も話していたように多額の寄付を行うのもその人の考えた答えである。これはある意味でお金を沢山持っている人しか出来ないチャリティのやり方ではないだろうか?つまり正解・不正解ではなくどれも必要なのだと思う。

 

【“一人の人間”として】

SUGIZOさんがチャリティ活動を行うときに言った言葉が「一人の人間として行きたい」である。今回はヨルダンからアンマンを起点としながら、2つの難民キャンプに行ってきたのだがアーティストやミュージシャンとしてではなく、“一人の人間として”難民キャンプに参加したのだ。その為楽器を持たずに行くことになった。そして現地に着いて現地の方から音楽を聴きたいという要望を受け、役に立てるのであればということで、現地で急遽バイオリンを調達し子供を始めみんなの前で即席コンサートが開催されたのだ。そのコンサートは歓声と興奮が入り混じる狂喜乱舞であった。

 

【生きたい】

目は口ほどに物を言う。このことわざは情のこもった目つきは口で言うのと同じように相手に気持ちが伝わるという意味である。イベントの中でSUGIZOさんも佐藤慧さんも同じことを言っていたのだが、現地の人達や特に子供は純粋な目をしているそうだ。トークの中でSUGIZOさんが「30分も自分の荷物を放置してしまった」と話していた。いくら日本でも渋谷の路地に自分の荷物を30分も放置していたらお財布の中のお金がある保証はない。ヨルダンではイスラム教の教えにより、盗みは大罪とされている。「戦争している地域は別として中東は日本よりも治安がいいと思うよ。全部とは言わないが日本やアメリカで報道されているように中東は危険という認識ははっきり言って間違っている」とSUGIZOさんも話していたほどだ。つまりここにいる皆が強い繋がりで結ばれている。だから驚く程治安がいいのだろう。

 

【トークイベントを通じて感じたこと】

純粋に生きたという気持ち、生きている感謝の気持ちは日本が学ぶべきところではないか?日本は先進国で豊かであるがゆえにそれが当たり前になりストレス社会を生んでいる。都内で車のクラクションが鳴り止まない。少し信号のスタートが遅れただけでクラクションの嵐である。それどころか隣に住んでいる人すらわからない。コミュニティが気薄になっている。いつしか私達は支え合うという日本古来の良い文化が都内の方では既に忘れ去られているのではないか?また一昔前の戦後の日本のようにとにかく生きたいというがむしゃらな気持ちや日本を背負って立つんだという目に見えない強さなどは忘れているのかもしれない。

日本は自殺大国と言われている。しかしこうして必死に懸命に生きようとしている人がいるということを忘れてはいけない。もっと良い未来を作っていくために世界に目を向けて共に歩んでいくことが重要ではないか?と感じた。

 

 

*UNHCR協会とは・・・国連UNHCR協会は、国連の*難民支援機です。UNHCRユーエヌエイチシーアール(国連難民高等弁務官事務所)の活動を支える日本の公式支援窓口です。UNHCRの活動資金は、各国政府からの任意の拠出金ならびに民間からの寄付金に支えられていますが、もっと広く民間からも支えていこうという機運が世界的に高まり、日本では2000年10月に、民間の公式支援窓口として、特定非営利活動法人 国連UNHCR協会が設立されました。

*難民とは・・・紛争や宗教・国籍・政治的な意見が違うことによる迫害などが原因で、祖国にいては生命の安全を脅かされるため、やむを得ず他の国に避難しなければならなかった人のこと。

ライター: