Loading...
2016.08.12.Fri

自分が受けた恩恵を世界に恩返しする

リオオリンピック、パラリンピックの開催期間中に、イタリアの有名シェフであるマッシモ・ボットゥーラ氏がプロデュースする料理が、ブラジルの貧しい方々向けに無償で提供される。上記に取り組む彼の哲学は以下にある。

有名になったら見捨てられている人たちに光をあてると母に約束していた。そして今、自分が受けた恩恵を世界にお返しする時が来たのです

成功を収めた方が、公共心をもって、社会に恩返しする、社会を良くする為に必要な活動をするのは、社会を円滑に発展させていく為には必要な考え方であると思う。

引用先:世界一シェフが貧困者向けレストラン開設、ブラジル・リオ

ライター: