Loading...
2016.03.10.Thu

あなたの健康維持が途上国の生活水準向上へ! 3/27から、毎月、チャリティヨガ開催。

CSVという言葉をご存じだろうか?

CSVはCreating Shared Value=共通価値の創造の略称で、企業が、社会ニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的な価値も創造することとされています。

CSRや社会貢献よりも、より積極的に社会問題に関与していく姿勢を見せている企業ということができると思います。その中で、CSVを展開している企業の一つに、株式会社リジョブがある。

株式会社リジョブは、美容・ヘルスケア業界に特化した求人サイト「リジョブ」を運営すると同時に、以下のようなCSV推進プロジェクトも進めている。

「日本が誇る技術とサービスを世界へ」をテーマに、世界の美容・リラクゼーション人口を増やす活動を行っています。一例として、発展途上国でセラピストスクールを開講し、基礎知識や技術・接客を習得。手に職をつけることで、現地の貧困や雇用の問題解決に取り組みます。日本が誇る素晴らしい「癒しのチカラ」を世界中の人々に広めることで、世界中の人々の心を豊かにする。そのような社会をリジョブは目指しています。

引用先:株式会社リジョブサービス一覧ページ

現在は、主にフィリピンでセラピストの技術が学べる養成講座をスタートしています。

世界の約70億人のうち、約10億人が1日1ドル(約125円)で生活しています。日本が誇る高い美容の技術力・サービス力を学ぶ機会を提供することで、雇用を創造し、貧困問題を解消するため、2015年の春に咲くらプロジェクトがスタートしました。

2015年7月にはフィリピン・オロンガポ市に、無料でセラピストの技術を学べる養成講座をスタート。今まで、学ぶ機会を得られなかった子どもたちが、貧困層の方々が、日本の技術やサービス力、ホスピタリティの素晴らしさを学ぶ機会を提供していきます。

引用先:「咲くらプロジェクト」

今回、「咲くらプロジェクト」の一環として、チャリティヨガイベント「咲くらヨガ」を毎月開催することになりました。CSV、美容、途上国支援に関心がある方は、一度、遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

~こちらのイベント開催は終了しました~


【開催概要】


■イベント名:咲くらヨガ
■開催日時 :2015年3月27日(日) 14:00~15:30 (受付開始 13:30)
■開催場所 :株式会社リジョブ東京本社(東京都新宿区百人町2-27-7 HUNDRED CIRCUS East Tower2F)
■参加費用 :一般3,000円/1時間プログラムマンスリーサポーター(※1)500円
■ヨガレベル:初級
■お申込み :https://goo.gl/4fwCIe


【咲くらヨガの特徴】


①厳選された最高のプロ講師によるレッスン
貴重な時間を充実させるためにも、良い先生に習う、ということは、とても大切なことだと考えています。
「咲くらヨガ」では、人気ヨガ講師の佐藤ゴウ先生を始め、生徒さんからの評判のいい先生に講師をお願いしています。

②参加費用は途上国の子ども達の学ぶ機会に
途上国では学ぶ機会を得られず、幼い頃からゴミ拾いをして生活する子ども達が大勢います。そういった方々に、学ぶ機会を提供していきたいと考えております。参加費用は全額、セラピスト養成講座の運営費用に充てさせて頂きます。

③桜を眺めながら、リラックスした気持ちでヨガ
桜がモチーフのリジョブ東京本社の芝生エリアにて、リラックスしてヨガを楽しむ事ができます。


【講師プロフィール】


3月担当 佐藤 ゴウ先生

●IHTA認定ヨガインストラクター講師
●IHTA国際ホリスティックセラピー協会理事
●YMCメディカルトレーナーズスクールヨガTT担当
これまでに1,000人以上のヨガインストラクターを育成。
日本各地で行われるヨガイベントにもメイン講師として参加し、さらに専門誌や女性誌をはじめとするメディアへの掲載実績も多数。ストリートダンサーとして、国内外のアーティストの振付・バックダンサーを経験。
その後、ヨガに出逢い“見せる”だけではなく、自分の生き方をシンプルにするヨガの魅力に衝撃をうけ没頭する。現在は、YMCメディカルトレーナズスクールにおいて、ヴィンヤサ、リラックスヨガ、メディテーション、ヨガ哲学、心理学等の講師も担当し、心身の繊細な感覚を見つめる“感じるヨガレッスン”を展開。

国内だけでなく、アムステルダム、NY、ソウル、HAWAIIなど、ヨガを通じて世界で活躍中。

チャリティジャパン
チャリツモを運営する社団法人チャリティジャパンです。
2011年の立ち上げ以来、さまざまな社会問題に取り組む多くの団体・企業などをインターネットを利用して紹介してきました。
現在いっしょに活動してくれるボランティアライターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。