Loading...
2015.10.12.Mon

ヘルプマークを広めましょう!

皆さんは、「ヘルプマーク」というものを知ってますか?
「マタニティマーク」は知っている方が多いと思いますが、「ヘルプマーク」はあまり知られていないと思います。

 

「ヘルプマーク」は東京都福祉保健局が作成したマークです。
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または、妊娠初期の方など、「見た目では分からないが援助や配慮を必要としていることを知らせる」為に作られました。

 

現在では、都営地下鉄各駅(一部駅を除く)の駅務室、都営バス各営業所、日暮里・舎人ライナーの一部の駅の駅務室、ゆりかもめ(新橋、豊洲)駅務室、多摩モノレール(多摩センター駅の一部一部の駅の駅務室)、東京都身障害福祉センターで無料で配布されています。

 

詳細はこちらもご確認ください。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

 

上記の場所でしか配布されておらず、認知度も低いため、「ヘルプマーク」をつけて、電車に乗っても知らない方は分からないため、配慮することが難しいです。電車やバスの中や色々な場面で、援助を求めている方に配慮できる世の中にする為に、「ヘルプマーク」の存在と意味を知ってもらうことがとても大事だと思います。

ライター: