Loading...
2016.10.23.Sun

企業人が高校生への研修を通じて自分自身のキャリアを振り返る:「カタリ場研修」

NPO・NGOには、支援事業を通じて、特殊なスキルやノウハウを得ているケースが多い。それは、時として、企業にとって有益なケースもある。

NPO法人カタリバでは、以下のような支援事業を展開しています。

「カタリ場」とは、高校生の意欲を引き出すことを目指したキャリア学習プログラムです。「一生懸命何かを頑張ることは、ダサくないとわかった」「こんなに自分のことを、話したのははじめて。うれしかった」“ナナメの関係”にあたる学生や社会人との対話によって、心には火が灯ります。「自分もこんな大人になりたい!」と思える出会いをきっかけに、彼らが将来へ主体的な“一歩”を踏み出せるよう、年間300校以上で授業を行っています。

http://www.katariba.net/about/

 

大学生など少し年上の先輩と体育館で車座になって対話することによって、高校生の心に”火を灯す”ワークショップ形式の授業です。進路について本格的に考える前の高校1・2年生を対象として行うことが多く、高校生の将来への可能性を引き出し、将来へ向けた行動へと動機付けることを目的としています。

http://www.katariba.net/class/

 

その支援事業を活用して、カタリバでは、企業向けに研修として提供しています。高校生と向き合うことで、自分自身を振り返ることが出来、やる気やチャレンジを引き出すということが狙いです。

■「カタリ場研修」とは

学生を中心としたボランティアが高校生と未来を語り、動機付けを行う「カタリ場」プログラムを企業人向けにカスタマイズしたアクティブラーニング型プログラムです。

本プログラムでは、企業人がロールモデルとして高校に出向き、高校生の悩みと向き合うことで、やる気を引き出す活動に当たります。加えて、高校に出向く前後にキャリアの棚卸しや自己理解を深めるための研修プログラムを実施します。

参加者は、仕事での肩書きや立場を離れて「高校生の心に火を灯す」ために、一個人として高校生と対話し、悩みを引き出し、動機付けを行います。その結果として、高校生に対して提供するプロセスを参加者自らも当てはめて内省し、日常でのチャレンジを定めるきっかけが生まれます。

http://www.katariba.or.jp/news/2016/07/21/7174/

NPO・NGOが支援事業に通じたノウハウやスキルがより社会に流通することで、新しいものが生まれるのではないでしょうか?私たちは、このような取り組みを応援していきたいと考えています。また、上記の研修に興味を持った方は以下から詳細をご確認くださいませ。
http://www.katariba.or.jp/news/2016/07/21/7174/

ライター: