Loading...
2016.01.19.Tue

デートDV特集インタビュー”エンパワメントかながわ”

※このインタビューは、2014年2月25日に掲載したものの再掲になります。

 

2月3月のチャリティジャパンでは、デートDV特集と題して、現在問題が注目されている恋人関係における暴力である『デートDV』に関わるトピックスをお届けします。
今回は3月2日に「デートDV防止スプリング・フォーラム」を開催するエンパワメントかながわさんをお呼びして、デートDV問題の現状と、団体の活動に関してインタビューにお応えいただきました。
DSCF2952

エンパワメントかながわとは

エンパワメントかながわは神奈川県を中心に活動する団体です。
【暴力のない社会】を目指し、活動しています。

子どもたちを対象として子どもの身近にある暴力をテーマに取り上げながら、子どもたちが暴力にあわないためにできることを具体的に考え、体験するワークショップを提供しています。
CAP(子どもへの暴力防止)プログラムを始めとした暴力防止プログラムを就学前〜中高生、大学生、その親御さんたち、教職員に向けて、毎年約500回のワークショップを行っており、今までワークショップに参加した子どもは15万人を超えました。

今年で設立10年を迎え、2月10日には認定NPOにも認められた同団体は、2004年からデートDVの予防プログラムを実施しており、電話相談窓口には神奈川県内のみならず全国から相談が寄せられているとのことです。

DSCF3002

デートDVとは

デートDVとは家族関係の中で起こる暴力である”DV”ではなく、婚姻関係にない恋人間で起こるDVのこと。
殴る・蹴るなどの物理的な暴力だけでなく、言葉の暴力や、束縛、強制など様々な形があります。

一見軽い印象に聞こえる「デートDV」という言葉ですが、実はその問題はとても根深いものです。
デートDVはその特徴として、加害者・被害者双方の当事者が”DV”の認識を持ちにくいということがあります。

当事者が”暴力”の認識の無いままに”負のスパイラル”に陥ってしまうこともありま
す。
”負のスパイラル”とは、デートDVの被害者と周囲の人間の心理が以下のように絡み合
ってどんどんと深みにハマってしまう状態です。

例えば

普段は優しい彼氏。でも時々暴力を振われる。
被害者(彼女)は彼氏が暴力を振るう人だとは思われたくない。
周囲から「大丈夫?」と聞かれても「大丈夫」だよと言ってしまう。

彼氏の暴力がエスカレート。
「お前が悪いからだ」と言われ続けた結果、被害者は暴力の原因は自分にあると思い込む。
周りに心配もかけたくないため。周りに別れを薦められても拒否する。

周りが説得に疲れて「それなら勝手にしなさい!」と突き放してしまう
周囲の人間から隔絶された被害者は誰にも頼ることができずに孤立化
彼氏への依存がますます高まる。

こうしたスパイラルを生まないためには、できるだけ早く当事者がDVの問題を気づくこ
とが必要です。

 

周りの人があきらめないことが大切!

そんなデートDVの問題解決の際に大切なこととして阿部理事長がお話していたことが
「”周りの人達”が諦めずに、当事者と関わっていくこと。孤立化させないこと。」
周りの人の言うことが聞こえていないように見える被害者でも、周囲の人たちが関わり続けているうちに、ふと考えを改め、問題の解決に歩み出すことがあるのだそうです。
それまで周りの人々が諦めずに、きちんと関わり続けることが大切なのです。

また、周りの人から被害者への伝え方も重要だと言います。
「別れなさい」というアドバイスよりも、その発言の根底にある気持ちを「心配だよ」や「あなたが大切だよ」という素直な言葉で表現することで、より当事者に気持ちが伝わるのだそうです。
また、そうした”周りの人”を支える”周りの人の周りの人”の存在も必要ということです。
そうした当事者を支える人々の関わり方がとても大切なデートDVの問題。
決して当事者同士の問題ではない事を知り、社会全体で取り組むべきテーマとして認識してもらいたいと思いました。
DSCF3021

デートDV防止スプリング・フォーラム2014開催のお知らせ

今回お話をお聞かせいただきましたエンパワメントかながわさんが主催するイベント『デートDV防止スプリング・フォーラム2014』が3月2日(日)に横浜で開催されます。
今回はデートDV防止の啓発に関わる若い世代の人たちも参加し、世代を超えてデートDVの問題に取り組んでいこうと呼びかけるイベントです。

当事者の世代である10代20代の若者たちが、大人に向けてメッセージを発するイベントでもあります。
デートDVの現状を知るのには最適なイベントになりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

イベント詳細

交際相手からの暴力(デートDV)による悲惨な事件が相次いでいます。親密な関係に起きる暴力は、決して特別なことではありません。デートDVという言葉が生まれて10年を機に開催した「デートDV防止スプリング・フォーラム」を今年も横浜で開催します。是非、多くの方にご参加いただきたいと思いますので、参加の呼びかけ、チラシの配布にご協力ください。

■日時:2014年3月2日(日)13:00~16:10
■会場:フォーラム(男女共同参画センター横浜)2階セミナルーム1・2・3
(JR・横浜市営地下鉄 戸塚駅徒歩5分)
■参加費:1,000円
■定員:88人(先着順)

〈第1部〉 横浜から発信! デートDV防止の取り組み
(1)「報告します・横浜の取り組み」 by 男女共同参画センター横浜
(2)「実演します・たのしい予防ワークショップ」 by エンパワメントかながわ
(3)「聞きます・現場からの声」 by 実施校(中学校・高等学校)の先生
(4)「つなげます・全国の防止活動」 by 参加者  (参加された団体や自治体の1分アピールタイムを予定*)*ご発言ただける場合には、あらかじめエンパワメントかながわへご連絡ください。
〈第2部〉 ユースに学ぼう!
10代20代のわたしたちから・オトナ世代に伝えたいこと
ゲスト:デートDV予防啓発ユースリーダー I&Y(岩手県)
エンパワメントかながわユース・プロジェクト(神奈川県)

○募集しています○
デートDVの啓発のためのグッズ等 団体や自治体が作成した啓発冊子、教材、ポスター等の展示を企画しております。 展示にご協力いただける場合、一部お送りください。

【申し込み・問い合わせ】

NPO法人エンパワメントかながわ

TEL:045-323-1818
FAX:045-323-1819
主催:NPO法人エンパワメントかながわ・男女共同参画センター横浜
講座内容の詳細はこちら→チラシ表面チラシ裏面

photo by Jun Chiba

ライター: