Loading...
2016.07.25.Mon

熊本において、特に支援の届きにくい高齢者や障がいのある方々に安心を届けるためのキャンペーン(7/31まで)

Salesforce.org は、AAR Japan(難民を助ける会)と協力をして、熊本において、特に支援の届きにくい高齢者や障がいのある方々に安心を届けるためのキャンペーンを実施している。 
キャンペーン内容は以下になります。 


#salesforce と #熊本募金 をつけて、本募金キャンペーンの感想や被災地への応援メッセージをつぶやいてください。1シェア or 1ツイート=100円換算*でセールスフォース・ドットコムが、AAR Japan[難民を助ける会]への寄付を通じて、熊本地震で被災した高齢者や障がい者の福祉施設の修繕・物資提供を支援します。 
http://eventjp.salesforce.com/donation/


募金の支援先は以下になります。

AAR Japan[難民を助ける会]は、37年の歴史を持つ、国連公認の国際協力NGOです。熊本地震被災者支援やシリア難民支援などの緊急支援を中心に、現在国内外17ヵ国で人道支援活動を実施しています。

今回の熊本地震では、前震となった4月14日(木)の翌15日(金)から“緊急支援チーム”を熊本県に派遣し、まず食料や衛生用品、生活用品などの物資の提供や炊き出しを行い、それと並行して、災害時に支援から取り残されがちな障がい者・高齢者の被災状況の調査を実施しました。地震から二ヵ月が経過した現在は、福祉施設の再建や、被災した障がい者個々の状況に応じた支援を継続しています。

セールスフォース・ドットコムでは、AAR Japanに対してSalesforceの提供、社員によるボランティア活動(合計約2000時間)、助成によるイベントサポートなどを通じて支援をしています。
http://www.aarjapan.gr.jp/

 

Salesforce.orgは、積極的に社会貢献活動を実施しています。

 


Salesforce.orgは、セールスフォース・ドットコムの人々、テクノロジー、リソースの活用により、世界中のコミュニティを向上するというシンプルなアイデアにもとづいています。
この、ビジネスと社会貢献を統合したアプローチを1-1-1モデルといいます。1999年の設立以来、世界中においてセールスフォース・ドットコムのテクノロジーを提供し支援してきた非営利団体および教育機関の数は27,000以上、助成金は1億ドル以上、社員がボランティア活動に費やしてきた時間は110万時間を超えています。 


 
 
是非、#salesforce と #熊本募金を付けて呟いてみてはいかがでしょうか?

チャリティジャパン
チャリツモを運営する社団法人チャリティジャパンです。
2011年の立ち上げ以来、さまざまな社会問題に取り組む多くの団体・企業などをインターネットを利用して紹介してきました。
現在いっしょに活動してくれるボランティアライターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。