Loading...
2017.01.27.Fri

H&Mの難民の教育を支援するキャンペーン、寄付額330万ドルを達成

以前、チャリツモで紹介したH&Mが実施した難民の教育を支援するキャンペーンは、寄付額が330万ドルに達しました。
H&Mのギフトカードをプレゼントすることで、難民の子どもたちに学用品をプレゼントしよう!
 
難民の子どものうち初等教育を受けているのは50%、中等教育は22%のみ。このキャンペーンの寄付金は、チャド、エチオピア、イラン、ケニア、マレーシア、パキスタン、ルワンダ、南スーダン、スーダン、シリア、ウガンダ、イエメンなど世界中の難民の子どもたちに通学に必要な学用品を供給することに使われます。
 
キャンペーン終了にあたって、関係者のコメントが以下のように掲載されています。
 
H&M Foundation:グローバル・マネージャー:ダイアナ・アミニ

「難民の子どもたちは、そうでない子どもたちに比べて学校に通えなくなる可能性が5倍も高いのです。
だからこそ、学校に通うための学用品は極めて重要です。この寄付金によって、UNHCRが危機的状況下にいる世界中の子どもたちに教育を確保することができるのですから。」

 
UNHCR:民間法人連携リーダー:リオネッロ・ボスカルディ

「H&M Foundationのグローバルキャンペーンを支援してくださったH&Mのお客様とスタッフの皆さまに心より感謝いたします。難民の子どもたちがより豊かな人生を送るために教育は不可欠です。ですが、そのための資金は不足しています。このようなキャンペーンによって、一般の皆さまは世界中の難民の子どもたちの生活に真の変革を起こすことができるのです。」

 
H&Mのキャンペーンをきっかけとして、引き続き、難民の方の状況に注目してみてはいかがでしょうか?
 
難民の方の状況に興味がある方はこちらも是非ご覧ください。

ライター: