Loading...
2017.03.06.Mon

CPサッカークラブを運営する一般社団法人パラSCエスペランサ、 障害者が活躍するスポーツバーを開設@小田急多摩センター駅

CPサッカークラブを運営する一般社団法人パラSCエスペランサは、小田急多摩センター駅が最寄りのニューシティ多摩センタービル8Fにて、3/1から障害者就労支援のカフェ&スポーツバーを開設している。
 

小田急多摩センター駅南口より徒歩6分、新宿駅から約50分、フットサルコートに隣接する「E’s CAFE」

 

小田急多摩センター駅より 南口より徒歩6分(約500m)。
南口を出て直進すると、右手に京王プラザホテル多摩がありそこを右折し、
250mほど直進すると左手にあるニューシティ多摩センタービルの8階に「E’s CAFE」はあります。
 
同じ階に、フットサルコートがあり、練習や試合を楽しんだのちに立ち寄ることが可能です。
 

店舗名:E’s CAFE
所在地:東京都多摩市落合1-47 ニューシティ多摩センタービル8F
営業日:月曜日~日曜日
LUNCH : 11:00〜15:00   
DINING & BAR : 15:00〜21:30(L.O.21:00)
ホームページ:http://es-cafe.net/cafe_top_week.html
facebook:https://www.facebook.com/escafe.tama/

 

目標である「自分たちでサッカーコートを持ち、障がい者も健常者も一緒に働き、サッカーをする環境、そして交流する環境を作り出すこと」
 
そして、CPサッカーの普及を進める中で見つかった課題、障害のある方の就労の選択肢を増やしたい

 
なぜ、「E’s CAFE」が開設されたか?そちらを少しご紹介したいと思います。
 

そもそもCPサッカーって何

 
何らかの原因による脳の損傷によって引き起こされる、運動機能の障害を指す症候群。それが脳性まひ=CP(Cerebral Palsy)です。CPサッカーとは、比較的軽度なCPの子どもや大人のために考案された7人制サッカー競技。ヨーロッパで生まれたこのCPサッカーはやがて世界中に広まり、1984年以降はパラリンピックの正式種目にもなっています。
 
日本においては、競技人口が約100名と、まだまだ海外と比較して少ない状況です。「練習場所が少ない」「仕事との両立が困難」「大会も1回/年のみ」とまだまだレベルを高める環境は整っておらず、パラリンピックにおける日本の成績は芳しくありません。
 
CPサッカーの様子が分かるのはこちらの動画

 

CPサッカークラブを運営する一般社団法人パラSCエスペランサ

 
CPサッカークラブを運営している一つが一般社団法人パラSCエスペランサです。CPサッカーの日本代表選手も排出しています。
 
彼らの目標は、

「自分たちでサッカーコートを持ち、障がい者も健常者も一緒に働き、
 サッカーをする環境、そして交流する環境を作り出すこと」

 
一緒にサッカーをしたり働いたり交流をすることで、誰もが排除されることなく、相手を尊重し、対等に交われる環境が生まれると考えています。
 
現在では、CPサッカーを中心とした障害者スポーツの普及と、障害を持っている方の支援を目的とした障がい児の放課後支援教室の運営なども行っています。
 

彼らがカフェを開設することを決めた理由

 
彼らには、障害のある方の就労の選択肢を増やしたいという想いがあります。

現在、私たちは障がいや発達に課題のある未就学児から高校3年生までが通う放課後支援を行っています。
 
利用者のほとんどが高校を卒業すると就職しますが、社会で働く障がい者の多くは軽作業やパッキング業務、掃除、生産業務といった限られた中で選択しているのが現状です。
 
海外では街角のカフェやレストランで明るく働く障がい者の姿が普通の光景ですが、日本ではまだそのような環境が整っていません。
私たちは日本でも同じように障がいのある方が街角のカフェやレストランで働く環境を作りたいと思い、E’s CAFEの開設を決めました。

彼らの想いを受けて、日本財団が協働

 
彼らの想いを受け、日本財団が協働。日本財団の推進する障害者就労支援事業所のモデルを構築する「はたらくNIPPON!計画」の一つとして約14カ月かけて完成しました。
 
障害者就労支援の福祉事業所という側面を持ちつつも、海外のスポーツクラブハウスをイメージしながら、お店作りの専門家やデザイナーと連携して、築き上げたものになっています。
 

是非、サッカー・フットサルに興味がある方、足を運んでみてはいかがでしょうか?また、現在、クラウドファウンディングも実施中です。

 

 
サッカー・フットサルが好きな方は、是非、フットサルがてら、E’s CAFEに足を運んでみてはいかがでしょうか?
 
また、E’s CAFEでは、今、クラウドファウンディングを実施中です。

カフェで働くスタッフが着用するユニフォームや店内装飾を盛り上げる黒板チョークアートなどカフェをオープンするにあたって必要な設備や備品を購入するための費用1,000万円が不足しております。
 
その費用の一部をご支援いただけないかと思い、プロジェクトを立ち上げました。

 
是非、応援してみてはいかがでしょうか?
 

ライター:
タグ: