Loading...
2016.04.10.Sun

子ども食堂へのCSR

e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所は、沖縄県沖縄市にある、子ども食堂:「ゆがぶぅ子どもサロン」へフォルス学習システムとノートパソコン、自社タブレット端末の寄贈に伴い、2016年4月11日(月)13時より「ゆがぶぅ子どもサロン」にて贈呈式を開催します。

子ども食堂とは 親は仕事に忙しく、一人で食べる「孤食」の子や、わずかな夕食代で、カップ麺やお菓子を買い夕食にする子どもも増えているようです。バランスの取れた食事を、おなか一杯食べる。皆で食べる喜びを知れば、孤独な子もおしゃべりできるようになるかもしれません。

「美味しい」は「嬉しいこと」、「楽しいこと」であると気づいてもらう為の子ども食堂です。子ども食堂は、健全な子どもの育成が目的ですが、地域全体で子どもを育てていく意識をもつことは、家庭にとって子育てをしやすくするだけでなく、子どもを中心として地域全体が活性化していくことにもつながる筈です。 ( ねりまこども食堂より)

 

沖縄県は、最低賃金が全国最低額であり、ワーキング・プア層が多いことによる「子どもの貧困」が問題視され、「両親が仕事のため家におらず、夜ご飯を食べられない」「親が不在で生活リズムが崩れ不登校になる」というような子どもたちが多くいると言われています。上記のような背景から、子どもたちへ食事の無償提供等を行う「ゆがぶぅ子ども」サロン(子ども食堂)が2016年1月よりオープン。

ホームレスや生活困窮の支援などを行うNPO法人プロミスキーパーズやゆがふぅ教会が運営しており、子どもたちが夕食を食べたり、宿題をして遊んだりできるよう居場所を提供しています。   イー・ラーニング研究所は、児童の教育格差を是正するために2008年から、全国の児童施設へフォルス学習システムやパソコン・タブレット端末の寄贈活動を行っています。今回、イー・ラーニング研究所の企業理念と「ゆがぶぅ子どもサロン」の取り組みが一致していることから実現に至りました。また、寄贈を記念して、4月11日(月)13時より「ゆがぶぅ子どもサロン」にて贈呈式を行います。

自社タブレット「FORCE Tab」2台、ノートPC2台と同社が開発したフォルス学習システムへアクセスできるIDパスワード30アカウントを提供します。   自社タブレット端末「FORCE Tab」、ノートPCは、オリジナル教育コンテンツが20種類以上搭載された、ゲーム感覚で学習ができるe-ラーニング教材です。さらに、2015年8月に小中学生向け無料動画学習コンテンツ「スクールTV」を配信し、積極的なアウトプットを促すことで「学習習慣の定着」を目指しています。

詳細はこちらからもご覧いただけます!:
イー・ラーニング研究所 子ども食堂「ゆがぶぅ子どもサロン」へ学習機材を寄贈~2016年4月11日(月) ゆがぶぅ子どもサロンにて贈呈式を開催~