ようこそ、ソーシャルスタンドへ

ソーシャルスタンドナイト#2 「パキスタンを知る、パキスタンを学ぶ」

パキスタンと聞いて感じることは何でしょうか?

危ない国?テロリストがいる国?たまにサッカー日本代表と戦う国?

実際、外務省の渡航情報では、「不要不急の渡航はやめてください」~「退避してください。渡航はやめてください。(退避勧告)」という表示が出ており、気軽に旅行が出来るような場所ではないことが示唆されています。

外務省海外安全ホームページ(パキスタン)
http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/info/pcinfectionspothazardinfo_011.html#ad-image-0

しかし、危険な側面だけではなく、パキスタンには、様々なポジティブな側面も伝えられています。

・実は、パキスタンは親日国である
・巨大な市場になりえる、ポテンシャルを持つ

 

パキスタンの未来づくりに日本が出来ること(池上彰)
http://special.nikkeibp.co.jp/as/201307/dhaka/pakistan_vol5/page6.html

 

また、同時に、パキスタンの方々が「普段どのような生活をしているのか?」「どのような人々なのか?」という点にもあまりスポットが当たっていません。

そこで、2017年の夏に、約2ヵ月、現地のNGOで活動をしてパキスタンと日本を結ぶプロジェクトを立ち上げている、東京外国語大学Social Bussiness研究会の和田さんをお招きして、

・パキスタンがどのような国か

 

・パキスタンの人々はどのような生活を送っているのか

 

・パキスタンで求められていることは何か

 

・パキスタンでビジネスを作っていくとしたらどのようなビジネスが有効か

を写真や最新情報を基にしながら、現地の様子をお伝えしていきます。

メディアには載らないインド・ムンバイを知る ーアジア最大のスラムの様子ー
2017/12/10@入谷 ソーシャルビジネスのモデル・団体を知る交流会

※東京外国語大学Social Bussiness研究会は上記のイベントを過去に開催しています。

■和田さんの活動、立ち上げ中のプロジェクト

 

Heritage Foundation Pakistanに2ヵ月間、従事。

 

元総領事勤務のある日本人の方の家でお世話になっていた中で、その方が「パキスタンで最初の女性建築家が付近に住んでいるよ」ということで紹介頂き、活動がスタート。お会いした方は70歳を過ぎたおばあちゃんでしたが、現在パキスタンの全土の遺跡の保護と人道支援を行なっている国連認定NGOの創設者でした。そこで約1ヶ月半、村民の雇用創出と住居作りを行いました。

 

〇各NGOの視察とボランティア事業の制作を実施。

 

現在パキスタンは行政サービスが乏しく、民間のNGOが国の仕事の多くを担っています。例えば、賄賂によって警察がキチンと機能していなかったり、十分なインフラが少な過ぎて家庭浄水が出ない地域もあります。そういった様々な問題に取り組んでいる主要なNGOを訪問し、パキスタンがどんな問題を抱えているのかを視察しました。

 

また同時に、パキスタンに渡航したい学生が、安全なホームステイ先に滞在し、NGOで働ける環境を整備しました。

 

 

〇学生向けのパキスタンでのボランティアプログラムの立ち上げ中

 

現在、東京外大、大阪大学、大東文化大学でウルドゥー語を学んでいる学生に向けて、パキスタンで安全にボランティア活動ができる環境を提供するプロジェクトを立ち上げています。

 

パキスタンのことを勉強したいけど、現地に行けない、といった問題を解決することが目的で、渡航するのにどうしても精神的ハードルが高くなってしまうのを解消し、安全に現地で学んでもらうことが目的の事業です。

また、パキスタンの様子をご紹介します。

■開催概要

・2/3(土)18時30分~20時30分 ※18時開場

 

・開催場所:喫茶茶会記(四谷三丁目駅から徒歩3分) http://gekkasha.modalbeats.com/

 

・料金:1500円(ワンドリンク付)

 

・定員:10名

 

・申し込み方法:peatixから参加申し込みをお願いします。
https://peatix.com/event/343664/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です