Loading...
2016.09.09.Fri

地方の就活生の地域格差をなくす「就活シェアハウス」とは?

 ====================
就職を別の視点からサポート
 ====================
『シュウカツハウス』をご存知だろうか?ここでは地方から都内で就活する学生をシェアハウスでサポートしている。お金も時間も節約するできるので就活の期間はここで生活をしている。そしてお金や時間が節約できることだけではなく、情報交換やお互いの目標を話しながら精神的にも集中して就職活動に専念できる。
シェアハウスの中ではみんなでパーティーをして交流を深めたりDVDを見たりリラックスをしているが、履歴書の書き方や面接のやり方など相談もしている。
ここからは一問一答形式で!

=======================
就活シェアハウスとは?
=======================

1月〜6月の就活時期や、7月〜9月の夏のインターン期間に、地方の就活生が東京で就職活動(就業体験)するときの滞在場所として短期で利用できるシェアハウスです。
通常は、ビジネスホテルやインターネットカフェなどに単身で泊まる就活生。
慣れない土地で右も左も分からない心細い中、ホテル暮らしや、夜行バスの往復を繰り返しながら就活というプレッシャーと闘わなければなりません。
そんな時、就活という目的を持つ仲間と共に過ごすことができればどんなに心強いことでしょうか。
就活シェアハウスでは、お互いに応援し合える仲間との共同生活を通して、気持ち的にも金銭的にも焦らず就活に専念できる環境を用意します。

その日の就活の反省や、面接で質問された事、やりたい仕事、将来の夢などを共に語り合える仲間がいれば、それほどリフレッシュできる場所はありません。

「地方の就活生を応援したい。」

そんな想いのつまったシェアハウスです。

=======================
就職支援が流れを変える!?
=======================

上記の流れを考えると就職(お金を稼ぎ、人生位設計する)やそれまでの視野の広さで物事が決まってくる。そこで今回考えていきたいのは就職支援をどうやって社会で考えるのか?国や学校は就職相談や就職斡旋などをサポートしている。しかし就職活動中の大学生が最も欲しいのはどうやって就職活動をするのか?先輩の体験談、実際に面接のため、本社に行くにあたって地方から泊りがけで来るための資金。こういった現場のサポートである。
就職を別の視点からサポート
『就活シェアハウス』をご存知だろうか?ここでは地方から都内で就活する学生をシェアハウスでサポートしている。お金も時間も節約するできるので就活の期間はここで生活をしている。そしてお金や時間が節約できることだけではなく、情報交換やお互いの目標を話しながら精神的にも集中して就職活動に専念できる。
シェアハウスの中ではみんなで食卓を囲んでごはんを食べたり、ゲームをして交流を深めたり、時には旅行に行ってリフレッシュしたりしている。
そして、一緒に住む先輩社会人の方から履歴書の書き方を教えてもらったり、面接のやり方なども相談に乗ってもらえる環境が整っている。

==============================
就活シェアハウスをつくったきっかけは?
==============================

自分は地元が岐阜と愛知の名古屋なのですが、後輩で、東京と地元の往復を節約のために夜行バスで往復したり、ネットカフェに宿泊していたりする子が多いのを見ていました。
大変な環境で就活を続ける後輩を見て、同じような問題を抱えている地方学生は多いのではないかと思いました。
そこで、地方就活生と東京の就活生の格差を感じました。
地方学生は都心に住む学生よりも就活の情報が少なく、東京に行くのにお金も時間がかかる。
この格差を埋めて、少しでも同じような地方就活生を応援できる環境をつくってあげたい。そんな思いでシェアハウスの空き部屋を活用しようと考えたのが最初の就活シェアハウスの立ち上げのきっかけでした。

これからも1人でも多くの地方就活生の憩いの場所になれれば幸いです。

 

 =======
さいごに
 =======
就活は世間的には内定を得るにはどうしたらいいのか?どこの企業で働くのがいいのか?履歴書の書き方、髪型、スーツは何がベストなのか?このようなところにスポットライトが当たりがちですが、実際には就職活動をするということは様々な費用がかかります。外食費、宿泊費、交通費などこれらのお金が掛かるわけです。学生時代にアルバイトで稼いだお金を貯金したとしても5万円~10万円(個人差はありますが)という費用がかかります。北海道、沖縄、四国に住んでいる人や東京から離れている地域の方は東京で就職活動をするのは金銭的に困難ですし、最終面接が東京本社と言われたら行かなくては行けません。そこで内定をもらえなかったら精神的ダメージは大きいいはずです。
東京にはこういったサポートをしてくれるところもあるので遠方の就活生は利用してみるのもありですね!
ライター: