Loading...
2016.11.24.Thu

ホームレスの方に住居を。アウトドアグッズを購入することで出来る支援。

NPO法人Homedoorは、アウトドア用品メーカーの株式会社モンベルと協力して、「HIKE for HOME 家があるからこそ、アウトドアは楽しめる!」をコンセプトにしたオリジナルチャリティーグッズを2016年12月1日より製作・販売する。

 

アウトドアが非日常空間なのは、家があるから。ホームレスの方々にとっては当たり前ではない

なぜアウトドアは楽しいのでしょうか?それは、「アウトドア」が非日常だから。しかし、ホームレスの方々にとっては、「家」がありません。なかなか想像がつかないと思いますが、彼らは、「今夜はゆっくり寝られるかな…」「ここだったら追い出されたり襲われたりしないかな…」と不安を感じながら毎晩を過ごしています。
実際、路上生活では強制排除(※)や若者を中心とする人々によるいたずらや襲撃が発生するケースがあります。
※野宿している場所が公共スペースである場合、行政の権限によりその場を追われるケースがあります。

 

ホームレスからの脱出を阻む住居問題

一度ホームレスになると、再び住まいを得る過程で大きな困難に直面します。働いてお金を貯めようと思っても、住所や連絡先がないため、そもそも仕事が見つかりません。

自立支援センターというものがあり、センターに住みながら就労支援、生活支援を受けることも出来ます。ただ、短期間(3~6カ月)で就職先を見つけるのが困難であったり、自立支援センターの住所であることからホームレスであったことが容易にわかってしまい、偏見に合うケースもあります。

また、生活保護を受けることもホームレスから脱出する手段ですが、そもそも支援してくれる制度や施設を知らない人や、知っていても「自分には利用する資格がない」と誤解している人も多くいます。

住居に入るコストを低くすることによって、ホームレスの方が就労する可能性を高めることが出来る。NPO法人Homedoorでは、今後、無理なく働きながら生活できるシェルターを提供することを予定しています。(今回のアウトドアグッズの収益は、このシェルターの運営費用に充てられる予定です。)シェルターの詳細はこちらからご確認頂くことが出来ます。https://camp-fire.jp/projects/view/9651

 

ホームレスは遠い世界の話?
まずは知ることから始めてみてはいかがでしょうか?

ホームレスの方々に対するイメージはどのようなものでしょうか?「自分には関係ない」「ホームレスの人は怠けている」「自己責任だ」と考えている方も多いのではないでしょうか?実は、倒産や仕事の減少、病気やけがなどさまざまで、誰にでもありうる理由でホームレスになっているケースが多いのです。裏を返せば、誰もがホームレスになる可能性があることを示唆しています。

平成24年「ホームレスの実態に関する全国調査検討会」報告書よ
下記にあるように、上位が、「倒産や失業」「仕事が減った」「病気・怪我、高齢で仕事が出来なくなった」など)

%e8%b7%af%e4%b8%8a%e7%94%9f%e6%b4%bb%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e7%90%86%e7%94%b1

ホームレス支援をしていた方にお話をお伺いしたことがありますが、ホームレスになった方の多くは、「まさか自分がこんな生活を送るとは思っていなかった」と話をされるそうです。

まずは知るきっかけとして、チャリティーグッズを購入してみてはいかがでしょうか?
グッズの購入については、以下になります。


Mail:info@homedoor.org
Tell:06-6147-7018
上記、NPO法人Homedoorにお問い合わせいただき、直接もしくは郵送での販売となります。


そして、より深く知る為に、NPO法人Homedoorの活動を調べてみてはいかがでしょうか?
NPO法人Homedoor http://www.homedoor.org/
ホームレス問題とは? http://www.homedoor.org/problem

チャリティジャパン
チャリツモを運営する社団法人チャリティジャパンです。
2011年の立ち上げ以来、さまざまな社会問題に取り組む多くの団体・企業などをインターネットを利用して紹介してきました。
現在いっしょに活動してくれるボランティアライターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。